これでいつもキレイな歯!メンテナンスと歯医者の選び方

痛みがなくても歯医者へ!口の中のでき物を日々チェック

>

普段歯医者へ行くタイミングは?

メンテナンスは当たり前?

笑った時にチラリと見える白い歯はとても魅力的です。そんな歯にする為に歯医者に通いたいと思うけれど、虫歯が無いので通うのはおかしい?そんな事はありません。日本は海外に比べて歯に関する意識がまだまだ低く、80代の残存歯数は平均で9本です。歯の意識が高いといわれるスウェーデンは20本で倍以上違うので、見習いたいものです。
近年の歯医者は虫歯が無くてもメンテナンスとして通えるところばかりですし頻度としては2~3ヶ月に1度、長くても1年に1度は歯をチェックしてもらうのが理想です。その際にセルフケア指導だったり、おすすめの治療方法だったり様々な知識を得られるので歯医者へ通えば通うほど、歯に対する意識が高くなる事が分かっています。

自覚症状の無い疾患とは?

虫歯が痛むから歯医者へ行く。一見当たり前に見えますが、この状況はすでに虫歯が神経に到達していて、その神経から来ている痛みです。この状態になって駆け込むと十中八九、薬を被せたり詰めたりする処置をするので、歯を削るのを避けられません。
虫歯は初期の内は自覚症状が無いので中々気づけません。だからこそ定期メンテナンスで早期発見するのがポイントです。また歯周病といって歯を支える骨を溶かす疾患もあり、何と成人の8割がこの症状にかかっているといわれています。
歯周病は初期だと自覚症状が無く少しずつ進んでいきます。重度になると歯が抜けたり、口臭の原因になったりして放置していると40歳以降に歯を失ってしまう原因にもなっています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る