これでいつもキレイな歯!メンテナンスと歯医者の選び方

普段歯医者へ行くタイミングは?

定期メンテナンスは自分の歯を守る大切な事ですが、どのくらいの頻度で行くべきでしょうか? またメンテナンスへ行く事で得られるメリット・デメリットを知り、負担の無い範囲で通院すれば、途中挫折する心配もありません。また生じやすい歯の疾患について説明しています。

自分に合った歯医者の選び方

今やコンビニエンスストアよりも多いと言われる歯医者ですが、どこも同じではありません。コンセプトや受付可能な診療科目、自由治療の有無など見極めるポイントは様々です。 自分に合った歯医者の選び方や、初診時にチェックすべきポイントをピックアップして紹介しています。

こんな歯医者はNG!注意点を大公開

良い歯医者があればそうでもないところも存在します。これらの歯医者に通わない為には正しい知識をつけて、自衛する必要があります。 通院時やサイトを確認している際に気をつけたいポイントや、治療方針について注意して欲しいポイントを紹介していますので、参考にして見て下さい。

メンテナンスの頻度・方法について

何となく歯に違和感がある。または食事や飲み物を摂ると痛みが生じる。歯医者に行くタイミングは人それぞれですが、ほとんどの方が冒頭の様な状態になってから駆け込みます。その上で虫歯や歯周病のチェックをしてもらい、問題が無ければまた痛みが生じるまで放置する。
それがいけない事ではありませんが、正直なところ効率が悪いと言えます。痛みや違和感が生じているのは、歯に何らかの不備が生じている為です。酷くなってから見てもらうよりも定期的に通えば、虫歯を含む不備を早期発見出来るので金銭的・時間的どちらも抑えられます。
永久歯は一度削るともう元の形に戻す事は出来ませんので、症状が酷くなってからいくよりも早期発見し治療をする事は、将来の自分の歯を守る事にも繋がります。近年では虫歯治療だけでは無く予防歯科にも力を入れている歯医者が多く、メンテナンスとして通えるので安心です。
また歯の痛みでは無く歯茎の違和感にも対応してくれる歯医者ばかりですので、口腔内の違和感や痛みは迷わず歯医者に相談して下さい。今回メンテナンスに通う頻度はもちろんの事、自分に合った歯医者の選び方、NG歯医者についてスポットを当てて紹介しています。
子供だけでは無く、大人も苦手意識を持つ歯医者ですが正しい知識を持って通えば嫌な思いをする事はありません。また現代人がかかりやすい口腔内の疾患についても紹介しているので、自分の口腔内と照らし合わせてみて下さい。

TOPへ戻る